がんの転移を防止する|腫瘍を死滅させる治療方法

医者

検査や検診での限界

院内

がんは早期発見早期治療がもっとも良いとされますが、一般にステージ1からステージ4までとされますが、ステージが進むことで転移の可能性が高まり、治療方法も少なくなります。がんの病変発見までの期間は10年から20年とも言われ、0期から1期までのがんを発見することは限界があると言われています。

この記事を読む

死因第一位の病気

手

高齢になるほど多くなる

がんは日本人の死因の第一位にもなると言われるほど今や誰にでも発症しうる可能性のある病気です。この病気は正常な細胞の一部が異常となり健康な細胞を攻撃しながらリンパや血液によって増殖し転移するものです。以前のイメージでは一度がんになると治すことができないと思われがちでしたが、現代の技術では早期発見することで治療が可能な病気になっています。しかし、がんは転移する可能性があるため再発する場合があります。高齢者は免疫細胞の運動が低下するためこの病気は高齢になるほど発症率が高くなる傾向があります。現代の日本社会は高齢社会とも言われているため、がんという病気そのものだけでなく、その転移についても人々の関心は高くなっています。

治療後に大切なこと

がんという病気において転移、再発を防止することは治療後においてとても大切なことで、各がんによって転移しやすい部位が違うことがわかってます。通常、転移が発見された場合、数が少なければ再び手術や放射線での治療が可能で、全身にわたって転移が見られた場合は抗がん剤による化学治療で対応します。抗がん剤は最初の発症事の手術前後にも利用されることもあり、これは転移、再発の予防に大きく効果があることがわかっています。抗がん剤は小さな腫瘍を死滅するのにとても高い威力を発揮することがわかっているため、使用することで転移、再発のリスクを大幅に下げることができます。しかし、転移の可能性はゼロではないため定期的な健診をかかさないようにすることが大切です。

がんが転移する経路

眠る女性

がんは悪性の腫瘍で、日本人の死因第一位の疾患です。正常な細胞と違い、がん細胞は増え続けるため、転移するとそこで更に増え続けます。転移の経路には三種類あり、リンパ性、血行性、播種があります。転移の経路は予測が難しいため、がんの既往がある人が身体に不調を感じたら、すぐに病院を受診することが大切です。

この記事を読む

がんは治る病

患者と医者

現代のストレス社会の中でがんを発症する人の数は年々増えています。がんは早期発見、早期治療をすることで転移も防ぎ予後も良好になります。このようなことが世間に周知されつつあり、がん検診を受けようとする人も増え、早期発見への意識が高まっています。

この記事を読む